ノーベル医学・生理学賞の本庶佑さん 小野薬品工業を提訴へ

ノーベル医学・生理学賞の受賞者で京都大学特別教授の本庶佑さんが、みずから開発に携わったがんの治療薬を製造販売する大阪の小野薬品工業に対し、協力金226億円余りなどの支払いを求める訴えを今月中旬にも裁判所に起こす方針を明らかにしました。

これは5日、本庶さんが弁護士や大学関係者とともに記者会見を開いて明らかにしました。

それによりますと、本庶さんは小野薬品工業と共同で開発したがんを免疫の力で治療する薬「オプジーボ」について、アメリカの製薬会社と争った特許侵害の裁判の際、小野薬品工業の社長から協力してほしいという依頼があったということです。

小野薬品工業などは裁判で和解し、本庶さんなどによりますと、会社側は裁判の結果得られる金額の40%を支払うとしたのに対し、実際は1%しか払われなかったとしています。

本庶さんは、協力金の未払い分226億円余りなどの支払いを求める訴えを今月中旬にも大阪地方裁判所に起こす方針だということです。

本庶さんは、小野薬品工業と結んでいる薬の特許料の配分についても、配分を高めるよう契約の見直しなどを求める訴えを起こすかどうか、今後、検討したいとしています。

本庶さんは「日本では、企業が研究者の無知を悪用して非常に一方的な契約を結ばせるという問題が頻発している。知的活動の価値を正しく評価してもらいたい」と話しています。

小野薬品工業「コメント差し控えたい」

小野薬品工業は「会見の内容を把握していないため、コメントを差し控えたい」と話しています。

京都大学「さらなる知の創出つながる司法判断を」

本庶さんが、小野薬品工業を提訴する方針を明らかにしたことについて、京都大学は「本庶佑特別教授の発明は、世界中のがんで苦しむ人々を治癒し、多大な貢献をもたらしていて、本学における研究活動の成果として極めて重要だ。また、産学連携活動の成功例としても重要な意味を持つ。この知的貢献が評価され、研究活動に対して適正な還元がなされ、さらなる知の創出につながるような司法の判断を期待したい」とコメントしています。