Category Archives: トピックス

受診時「なりすまし防止」…外国人に在留カードなど身分証要求へ

政府は外国人が日本の医療機関で受診する際、在留カードなど顔写真付き身分証の提示を求める方針を固めた。来年4月開始を目指す外国人労働者の受け入れ拡大で、健康保険証を悪用した「なりすまし受診」が懸念されるためだ。外国人差別につながらないよう、日本人にも運転免許証などの提示を求める方向だ。
 来年度にも運用を始める。厚生労働省が在留外国人への周知徹底を図るとともに、身分証の提示要請を各医療機関に促す。
 国民皆保険制度を採用する日本では、在留外国人も何らかの公的医療保険に原則として加入することが求められる。保険証を提示すれば、日本人か外国人かを問わず、原則3割の自己負担で受診できる。ただ、保険証には顔写真がついていない。「別人かもしれないと思っても『本人だ』と主張されると、病院側は反論が難しい」(厚労省幹部)という。

酸素チューブ誤接続で男性患者死亡 奈良東病院

高齢者医療・介護が専門の奈良東病院(奈良県天理市)で平成28年8月、看護師らが80代の男性患者を入浴させる際に、酸素吸入チューブの接続方法を誤った結果、容体が急変し、死亡していたことが16日、同病院への取材で分かった。

病院側は医療事故として遺族に説明し、すでに再発防止策も講じたという。

病院によると、男性は誤嚥(ごえん)性肺炎を繰り返すようになり、気道確保のために鼻からチューブを入れる措置を取っていた。

当時病院に勤務していた30~50代の女性看護師3人が、医師の判断を仰がずに男性に酸素吸入チューブを接続。本来は男性と酸素ボンベとの間に「T字コネクター」と呼ばれる器具を装着すべきだったが怠ったため、酸素ボンベから空気が一方的に男性に流れ込み、排気ができずに呼吸困難になったという。

病院では事故後、呼吸管理が必要な患者の対応マニュアルや職員の研修体制を整備するなど、再発防止策を講じたという。

病院は「医療事故の責任を感じている。二度と起こらないよう、教育と職員間の情報共有を徹底したい」とコメントした。

奈良東病院は平成元年に設立され、病床数は260。運営グループは関西地方で、認知症高齢者グループホームなど42施設を運営している。

東京都府中市 巡回健康診断 スタッフ募集

募集要項

業務内容 健診業務(受付業務・誘導・診療介助)など未経験でも可能です。

時間   午前8時30分から午後5時 ただし健診内容によっては午前9時か

ら12時までもあります。

募集人員  男女 各2名募集

時給   1200円から

交通費  全額支給

その他  制服貸与 車通勤可能

勤務先  医療法人社団成仁会グループ さくら通りクリニック(府中市府中町2

丁目)

応募方法  弊社までご連絡ください。

 

 

 

医療機関 廃業をお考えの経営者へ

医療機関の経営者の方へ

後継者の問題や様々な問題を抱え、廃業を検討する経営者の方へ1つアドバイスさせてください。 顧問税理士などの頼りっきりで全て丸投げしていませんか?税理士は資産売却をしてくれますか? 弊社では不要になった医療機器を始め様々なものまで買い取ります。 買い取った医療機器は、カンボジアやミャンマーの医療過疎地域で新たに活躍致します。是非ご検討ください。

万引の疑い、兵庫県立西宮病院の医師逮捕

ホームセンターで両面テープや木材を万引したとして、兵庫県警西宮署は8日夜、窃盗の疑いで県立西宮病院医師の男(51)を現行犯逮捕した。「間違いない」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は、8日午後9時ごろ、西宮市今津港町のホームセンターで、両面テープと小型の木材計8点(販売価格計約4070円)を盗んだとしている。

同署によると、容疑者がトートバッグに商品を入れるのを女性警備員が目撃。店外に出たところで声をかけると逃走し、女性警備員ら3人が追跡して取り押さえた。容疑者は現金約9千円を所持していたという。

投薬ミスで後遺障害、名大に3878万円賠償命令…名古屋地裁

名古屋大学医学部付属病院(名古屋市)で肝硬変の治療中、誤った投薬によって後遺障害を負ったなどとして、名古屋市内の男性(85)とその家族が同大に計約1億185万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が1日、名古屋地裁であり、末吉幹和裁判長は同大側に計約3878万円の支払いを命じた。

  判決によると、男性は肝硬変の治療のため、2005年4月から同病院で抗ウイルス薬の投与を受けた。08年12月、この薬の副作用による骨疾患が強く疑われる検査結果が出たが、同病院の医師が誤診。11年12月まで同じ量の投薬が続けられたことによって重い骨軟化症を発症し、自力で歩くことが困難になるなどの後遺障害が残った。

 後遺障害と誤診との因果関係については同大側も認めており、訴訟では、障害の程度や賠償額が争点となった。男性側は、投薬によってほぼ寝たきりの状態になったと主張したが、判決は、男性が高齢であることや、別の病気も患っていたことなどから、請求の一部については、問題となった誤診による損害とはいえないと判断した。

 同病院は「判決内容を精査し、対応を検討する」とのコメントを出した。

さくら通りクリニック パート募集

東京都府中市府中町2−22−9 さくら通りクリニック

巡回検診の事務作業員募集(未経験可能)

子供と一緒に出勤可能

時間 9時から16時までの間で、好きな時間を選んでください。

時給 1200円(交通費支給)

業務内容 検診データの入力や整理作業(軽作業)

お問い合わせ

024−319−1742  さくら通りクリニック 採用担当 こたに

4回目逮捕の痴漢医師 病院理事長の父が嘆き「親子だから」

ここまでくると、もはや「ビョーキ」では済まされない。地下鉄の車内で女性の尻に陰部を押し当てたとして、愛知県豊橋市の豊生病院の内科医、鈴木靖幸容疑者(42)が26日、同県警に県迷惑行為防止条例違反の疑いで逮捕された。

“事件”は同日午後4時15~18分ごろ、名古屋市営地下鉄東山線の電車内で起きた。

「鈴木容疑者は股間部分に切れ込みが入ったスエットパンツをはいていた。販売されているものではなく、自作のようです。電車が伏見駅に差し掛かったあたりで、車内で立っていた23歳の女性の背後に近寄り、股間部分の穴からおもむろにイチモツをつまみ出し、服の上から尻に当てがった」(捜査事情通)

驚いた女性が鈴木容疑者の足を思い切り踏みつけると、次の名古屋駅で降りて逃走。女性はすぐに駅のホームで駅員に被害に遭ったことを伝えた。駅員がその場から走り去ろうとする鈴木容疑者を追い掛け、改札を出た地下街で取り押さえた。女性と面識はなく、調べに対し、「私がひとりでやったことに間違いありません」と供述しているという。

国立病院の29歳医師 大麻所持で逮捕 警視庁

自家用車内に乾燥大麻約1グラムを隠し持っていたとして、警視庁代々木署が大麻取締法違反(所持)の現行犯で、千葉県佐倉市の医師、安武正容疑者(29)を逮捕していたことが16日、分かった。調べに「間違いありません」と容疑を認めている。

逮捕容疑は4月13日午後11時ごろ、東京渋谷区上原の路上で、自家用車内にたばこ状などにした大麻約1グラムを所持したとしている。

同署によると、現場付近を警戒していた警察車両の後ろを安武容疑者が運転する車が走行。追い抜く際に不審な動きを見せたことから、捜査員がその場で停車させて任意で事情を聴いたところ、車内に隠してあった大麻を発見した。

捜査関係者によると、安武容疑者は今春から、国立病院機構下志津病院(千葉県四街道市)に勤務していた。同病院は「事実関係を確認中」としている。

児童買春容疑65歳医師逮捕 現金渡しみだらな行為

知県警豊橋署は8日、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、名古屋市千種区振甫町、医師水野計彦(かずひこ)容疑者(65)を逮捕した。「認めません」と容疑を否認している。

逮捕容疑は3月25日、当時17歳の少女が18歳未満と知りながら、千種区内のホテルで現金を渡してみだらな行為をした疑い。

同署によると、2人は会員制交流サイト(SNS)を通じて3月中旬に知り合った。捜査員がインターネット上の未成年の不適切な書き込みを注意、指導する「サイバー補導」で、同26日に発覚したという。

水野容疑者は診療所を経営している。