Category Archives: トピックス

昭和大学の現役医師  性的暴行で逮捕

催眠作用のある薬を飲み物に混ぜて女性をこん睡させ、自宅に連れ込んで性的な暴行をしたとして、警視庁は27日、東京の昭和大学病院の医師2人を逮捕しました。調べに対し「合意のうえで行為に及んだが、薬は飲ませていない」などと供述しているということです。

逮捕されたのは、いずれも東京 品川区の昭和大学病院の内科医、金古政隆容疑者(28)と、研修医、大林久晃容疑者(26)です。

警視庁によりますと、2人は先月18日の深夜から翌日の未明にかけて、東京のJR目黒駅前のカラオケ店で催眠作用のある薬を飲み物に混ぜて20代の女性をこん睡させ、品川区内の金古容疑者の自宅に連れ込んで性的な暴行をした疑いが持たれています。

女性は記憶がなくなり、「気が付いたときにはわいせつな行為をされていた」と、その日のうちに訴え出たため、警視庁が捜査していました。

警視庁の調べに対し、金古容疑者は「合意のうえで行為に及んだ。薬は飲ませていない」と、大林容疑者は「乱暴したのは間違いないが、薬は飲ませていない」と供述しているということです。

飲み物に混入された薬は市販薬ではないということで、警視庁は薬の入手経路などを詳しく調べています。

事件当日の状況は
金古容疑者と大林容疑者は先輩と後輩の関係で、去年8月に今回被害に遭った女性と知り合ったということです。

事件当日は午後7時半ごろから金古容疑者と大林容疑者、それに20代の女性2人の合わせて4人でJR目黒駅近くの居酒屋で飲んでいたということです。

その後、午後10時ごろから近くのカラオケ店に移動し、そこで飲み物に催眠作用のある薬を混入したとみられています。女性はむりやり飲まされたと話しているということです。

午後11時ごろにはカラオケ店を出て女性2人はタクシーに乗せられ、品川区内の金古容疑者の自宅に連れ込まれたということです。

金古容疑者が住むマンションの防犯カメラには、女性2人が1人で歩くことができない姿で写っていて、金子容疑者と大林容疑者は、こん睡した女性のうち1人に対して性的な暴行をしたとみられています。

女性2人は意識を取り戻したあと逃げ出し、近くの警察署に駆け込んで被害を訴え出たということです。

警視庁は被害に遭った女性とともに、一緒にいたもう1人の女性からも、当時の状況について話を聞いて調べています。
医師が薬を悪用した事件 過去にも
治療のために薬を処方すべき医師が女性への性的な暴行のために薬を悪用した事件は過去にも相次いでいます。

3年前の平成28年、静岡県焼津市の病院の研修医が飲食店で20代の女性に精神安定剤を混ぜた酒を飲ませて意識をもうろうとさせ、性的な暴行をしたとして逮捕されました。

研修医はその後起訴され、裁判所は「薬とアルコールの作用で判断力を失わせ乱暴したのは、被害者の人格や尊厳を踏みにじるもので刑事責任は重い」と指摘し、懲役7年の判決を言い渡しました。

また17年前、滋賀県長浜市にある病院の麻酔科の医師が入院中の女性患者に睡眠効果のある薬を注射して抵抗できないようにしたうえで、わいせつな行為をした罪に問われました。

裁判所は「医師という立場を利用し、病院に保管してある薬品を注射するなど、計画性が高く悪質だ」として、執行猶予のついた有罪判決を言い渡しました。
昭和大学「事実であれば誠に遺憾」
昭和大学は「事実であれば誠に遺憾ですが、詳細について把握しておりません。警察で捜査中のことですので、コメントは控えさせていただきます」としています。

中国人に糖尿病治療薬を無許可で横流し 医薬品卸売会社社長ら逮捕「何がいけないの」

中国人に医薬品を無許可で横流ししたとして、埼玉県草加市にある医薬品卸売会社の社長ら3人が逮捕されました。

 医薬品医療機器法違反の疑いで逮捕されたのは、医薬品卸売会社「美健販売」社長の増谷健一容疑者(60)と別の卸売販売会社の受注業務をしていた中国籍の孫芳旭容疑者(30)らあわせて3人です。

 増谷容疑者らは去年、医師の処方が必要な糖尿病治療薬「ザファテック錠」100錠などを中国人に約36万円で販売するなどした疑いがもたれています。増谷容疑者は逮捕前、MBSの取材に対し…

 Q.違法という認識はあった?
 「・・・」(増谷健一容疑者)
 Q.中国人に医薬品を転売している意識はあった?
 「中国人に転売するのの何がいけないの」
 Q.卸売業の許可だけでは個人には販売できないが?
 「個人に販売したことはないんだって」

 取り調べに対して、増谷容疑者は否認する一方、孫容疑者は容疑を認めているということです。警察は増谷容疑者ら3人が協力関係にあったとみて調べています。

医薬品を『中国人密売集団』に”横流し” 卸業者を逮捕

医師の処方が必要な医薬品を許可を受けずに中国人密売グループに横流しした疑いで、医薬品卸売会社の社長ら3人が逮捕されました。

医薬品医療機器等法違反の疑いで逮捕されたのは、埼玉県の医薬品卸売会社「美健販売」の社長、増谷健一容疑者(60)と、東京都の中国籍江乾鋒容疑者(31)らあわせて3人です。

増谷容疑者らは去年7月医師の処方が必要な医薬品5000点以上を大阪府や東京都の中国人男性2人に対して約50万円で販売した疑いがもたれています。

増谷容疑者は去年摘発された中国人密売グループに医薬品を販売する目的で保管した疑いですでに逮捕されていました。

警察は増谷容疑者が別の医薬品会社で働く江容疑者らと一緒に医薬品の受注や発送をしていたとみて調べています。

介護施設の80歳女性が眼球破裂 職員を傷害容疑で逮捕

介護施設に入所する女性(80)を殴って重傷を負わせたとして、大阪府警は8日、施設職員で介護福祉士の荒木真優子容疑者(43)=門真市脇田町=を傷害の疑いで逮捕し、発表した。「おむつ交換の際に抵抗され、かっとなって拳を出したら左目に当たった」と供述しているという。

 門真署によると、女性は門真市北岸和田1丁目の介護老人保健施設「門真老健ひかり」の入所者。荒木容疑者は昨年12月26日午後11時ごろ、女性の顔を殴り、左眼球破裂の重傷を負わせた疑いがある。

 当直の看護師が同27日未明に119番通報。同28日には女性の家族が署に「施設で虐待を受けた」と被害を申告し、発覚した。施設には約90人が入所しているという。

東大病院医師の男を逮捕  相馬一仁(かずひと)容疑者(38)東京都荒川区南千住

JR山手線の電車内で女子高生の体を触ったなどとして、警視庁巣鴨署は10日までに、東京大医学部付属病院勤務の医師、相馬一仁容疑者(38)=東京都荒川区南千住3=を都迷惑防止条例違反(痴漢)の疑いで現行犯逮捕した。同容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は9日午前8時すぎ、西日暮里―大塚間を走行中の山手線の車内で、同じ車両にいた女子高生の手や胸を触るなどした疑い。女子高生が車両から降りるよう求めたところ、同容疑者が逃げるそぶりをしたため、服をつかんで大塚駅の駅員に引き渡したという。

同病院は「事実関係を確認中」としている。

受診時「なりすまし防止」…外国人に在留カードなど身分証要求へ

政府は外国人が日本の医療機関で受診する際、在留カードなど顔写真付き身分証の提示を求める方針を固めた。来年4月開始を目指す外国人労働者の受け入れ拡大で、健康保険証を悪用した「なりすまし受診」が懸念されるためだ。外国人差別につながらないよう、日本人にも運転免許証などの提示を求める方向だ。
 来年度にも運用を始める。厚生労働省が在留外国人への周知徹底を図るとともに、身分証の提示要請を各医療機関に促す。
 国民皆保険制度を採用する日本では、在留外国人も何らかの公的医療保険に原則として加入することが求められる。保険証を提示すれば、日本人か外国人かを問わず、原則3割の自己負担で受診できる。ただ、保険証には顔写真がついていない。「別人かもしれないと思っても『本人だ』と主張されると、病院側は反論が難しい」(厚労省幹部)という。

酸素チューブ誤接続で男性患者死亡 奈良東病院

高齢者医療・介護が専門の奈良東病院(奈良県天理市)で平成28年8月、看護師らが80代の男性患者を入浴させる際に、酸素吸入チューブの接続方法を誤った結果、容体が急変し、死亡していたことが16日、同病院への取材で分かった。

病院側は医療事故として遺族に説明し、すでに再発防止策も講じたという。

病院によると、男性は誤嚥(ごえん)性肺炎を繰り返すようになり、気道確保のために鼻からチューブを入れる措置を取っていた。

当時病院に勤務していた30~50代の女性看護師3人が、医師の判断を仰がずに男性に酸素吸入チューブを接続。本来は男性と酸素ボンベとの間に「T字コネクター」と呼ばれる器具を装着すべきだったが怠ったため、酸素ボンベから空気が一方的に男性に流れ込み、排気ができずに呼吸困難になったという。

病院では事故後、呼吸管理が必要な患者の対応マニュアルや職員の研修体制を整備するなど、再発防止策を講じたという。

病院は「医療事故の責任を感じている。二度と起こらないよう、教育と職員間の情報共有を徹底したい」とコメントした。

奈良東病院は平成元年に設立され、病床数は260。運営グループは関西地方で、認知症高齢者グループホームなど42施設を運営している。

医療機関 廃業をお考えの経営者へ

医療機関の経営者の方へ

後継者の問題や様々な問題を抱え、廃業を検討する経営者の方へ1つアドバイスさせてください。 顧問税理士などの頼りっきりで全て丸投げしていませんか?税理士は資産売却をしてくれますか? 弊社では不要になった医療機器を始め様々なものまで買い取ります。 買い取った医療機器は、カンボジアやミャンマーの医療過疎地域で新たに活躍致します。是非ご検討ください。

万引の疑い、兵庫県立西宮病院の医師逮捕

ホームセンターで両面テープや木材を万引したとして、兵庫県警西宮署は8日夜、窃盗の疑いで県立西宮病院医師の男(51)を現行犯逮捕した。「間違いない」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は、8日午後9時ごろ、西宮市今津港町のホームセンターで、両面テープと小型の木材計8点(販売価格計約4070円)を盗んだとしている。

同署によると、容疑者がトートバッグに商品を入れるのを女性警備員が目撃。店外に出たところで声をかけると逃走し、女性警備員ら3人が追跡して取り押さえた。容疑者は現金約9千円を所持していたという。

投薬ミスで後遺障害、名大に3878万円賠償命令…名古屋地裁

名古屋大学医学部付属病院(名古屋市)で肝硬変の治療中、誤った投薬によって後遺障害を負ったなどとして、名古屋市内の男性(85)とその家族が同大に計約1億185万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が1日、名古屋地裁であり、末吉幹和裁判長は同大側に計約3878万円の支払いを命じた。

  判決によると、男性は肝硬変の治療のため、2005年4月から同病院で抗ウイルス薬の投与を受けた。08年12月、この薬の副作用による骨疾患が強く疑われる検査結果が出たが、同病院の医師が誤診。11年12月まで同じ量の投薬が続けられたことによって重い骨軟化症を発症し、自力で歩くことが困難になるなどの後遺障害が残った。

 後遺障害と誤診との因果関係については同大側も認めており、訴訟では、障害の程度や賠償額が争点となった。男性側は、投薬によってほぼ寝たきりの状態になったと主張したが、判決は、男性が高齢であることや、別の病気も患っていたことなどから、請求の一部については、問題となった誤診による損害とはいえないと判断した。

 同病院は「判決内容を精査し、対応を検討する」とのコメントを出した。